「語りの里」

katarisato.exblog.jp
ブログトップ

宇治民話の会 『この子らのために』発行記念のつどい

お知らせです!
語りの里をいつも支えてくださっている「宇治民話の会」 が、戦争体験を聞いてまとめた『この子らのために』を発行されます。宇治民話の会創立30周年記念誌としての発行で、-宇治山城で聞いた戦争の話ーと副題がついています。宇治山城に残る民話を掘り起こしてきた会の皆さんですが、だんだん体験者が少なくなって行く戦争の話を「今、聞いておかないと」と聞いてまとめたものです。
発行を記念するつどいが開かれますので、ぜひお越しください。(以下、ちらしより)

★宇治民話の会 『この子らのために』発行記念のつどい

日時:2013年8月3日(土) 10時~11時半
場所:宇治市小倉公民館
参加費:無料  申し込み不要
主催:宇民話の会
後援:宇治市教育委員会

<プログラム>
❤戦争体験を語る(宇治市在住4名の体験談)
❤語り「ならずの柿」ほか
❤紙芝居「海を渡ったタヌキ」

参加者には、冊子「この子らのために」頒布300円を無料で差し上げます
子どもも大人もどなたでもお誘い合わせお越しください
[PR]
# by katari_no_sato | 2013-07-05 20:05 | 実行委員会より

京都新聞掲載記事

12月2日(日)の「語りの里」を京都新聞さんが取材してくださいました。
12月3日付けで掲載されました。丁寧な取材をして頂き、ありがとうございました!
e0187719_16503766.jpg

[PR]
# by katari_no_sato | 2012-12-06 16:51 | 「語りの里」丹後会場

「語りの里」第8弾~親子で楽しむ京都のむかし話~ 終了しました!

「語りの里」第8弾、無事終了しました。
出演してくださった皆さん、参加してくださった皆さん、広報にご協力頂いた皆さん、本当に本当にありがとうございました!!
京都府南部・北部の皆さんが、地域にまつわる話を語りや紙芝居で披露し、参加してくださった皆さんによろこんで頂きました。赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、本当にたくさんの方々にお越し頂きました。
1階と2階のお座敷で同時進行で、語りや紙芝居。
e0187719_17291830.jpg
e0187719_17303830.jpg
e0187719_17331953.jpg

最後に大きな座敷で人形劇を楽しんで頂きました。
e0187719_17312661.jpg

こどもたちは、1階と2階を往き来しながら、家の佇まいも味わっていたようです。
人形劇は、大人もこどもも大笑いして。
e0187719_17315263.jpg

賑やかな声に家の神様も喜んでいたと思います。
終了後も、こどもたちの明るい声が、いつまでも響いていました。
皆さんのおかげで、心温まる催しとなりました。
詳細はいずれUPしますが、取り急ぎ終了のご報告をさせて頂きました。
また、こちらのブログをぜひご覧ください!
[PR]
# by katari_no_sato | 2012-12-03 17:34 | 「語りの里」丹後会場

「語りの里」第8弾のお知らせです!

親子で楽しめるむかし話の会を丹後で開催します!
ぜひお越しください~!

ことば・こころ・まちを結ぶ「語りの里」第8弾  ~親子で楽しむ京都のむかし話~

京都北・南部のむかし話を紙芝居、絵本、語りで楽しもう!人形劇もあるよ!
むかしのおうちでゆっくりとむかし話を楽しみましょう!
入場無料、親子のみなさん、ぜひ来てね!


日時:平成24年12月2日(日) 13時~15時30分
会場:「旧尾藤家住宅」(与謝郡与謝野町字加悦1085 tel:0772-43-1166)
問合:090-5256-8854(語りの里実行委員会)
   
    メール katari_no_sato☆excite.co.jp(☆を@に変更してください)

<プログラム> 
13:00~  開会 家の中をめぐりながら京都北部・南部の昔話をお楽しみください!
  ☆出演団体:NPOわくわくする久美浜をつくる会の語り部、マザーグースの会(与謝野町)
  宇治民話の会、京田辺語り手の会、京都語り手の会、他
14:30~ 「ひみちゃたい」(京都市)による人形劇「おしょうさんとたぬき」
15:30 閉会
               


e0187719_2121439.jpg
<公共交通機関ご利用の場合>
北近畿タンゴ鉄道「野田川駅」下車
駅からタクシーで約20分
<お車をご利用の場合>
舞鶴若狭自動車道「福知山IC」より
国道9号~国道175号~国道176号
旧加悦町役場庁舎の駐車場をご利用ください
 主催:語りの里実行委員会   
 協賛:ちりめん街道を守り育てる会

本事業は平成24年度京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金を受けて開催します
[PR]
# by katari_no_sato | 2012-10-01 21:33 | 「語りの里」丹後会場

「語りの里」第7弾 ご報告です!

4月28日、すがすがしい青空の下、「語りの里」第7弾を開催しました。
会場の澤井家住宅(京田辺市)では、第4弾、6弾と今回を含めて3回目の開催です。
e0187719_22521021.jpg

語り手の椅子は、背もたれに角(?)が生えた(笑)不思議な椅子。とくに今回はグリム特集もあるのでぴったりですね!
e0187719_22524719.jpg

      
いよいよ前半「京都のむかし話」南部、北部 のはじまりです!
トップバッターは、宇治民話の会の阪田憲子さん。「薪村のかみなり」(京田辺市薪)「泉橋寺のお地蔵様」(木津川市)をご紹介頂きました。
e0187719_225348.jpg

続いて、佐古田泰子さんによる「歯型のついたあしの葉っぱ」(宇治市小倉)。宇治民話の会は、地域のむかし話の再話活動をしているのですが、民話だけでなく戦争体験を聞きとる活動もしておられ、この話は戦争中のおはなしでした。
e0187719_22533883.jpg

かわって北部のむかし話。福知山語りの会のみなさんです!
まず、仲野恵子さんによる「へこきよめはん」(福知山市)。楽しい話と仲野さんの生き生きとした語り口に会場は明るい笑い声に包まれました。
e0187719_22535354.jpg

八野とも子さんによる「じいの天のぼり」(伊根町)は、伊根町の方言を聞きながら、丹後半島の海を思い浮かべました。
e0187719_22542584.jpg

最後は、高山あつ子さんの「旅人馬」(丹後)。鹿児島の話だけど丹後が舞台になっているおはなしでした。
e0187719_22544293.jpg


さて後半は「グリム童話の世界」。今年はグリム童話が誕生して200年になるのだそうです。
まず、京都語り手の会の山根川ミホコさんによる「こびととくつや」。こどもから大人までよく知られた心温まるおはなしですね!
e0187719_22551441.jpg

京田辺語り手の会、木村喜代美さんによる「ならずもの」は、動物がいろいろ出てきて想像しながら聞くのが楽しかったです。
e0187719_22552288.jpg

京都語り手の会、大澤周子さんが語ったのは「ルンペルシュティルッヘン」。
題名も難しいですが、これ以外にも舌をかみそうな名前ばかり出てきて、びっくりしました。
e0187719_22555585.jpg

さて、後半の福知山語りの会はお姫様ばなしを2つ…。中西直子さんは「いばらひめ」を語ってくださいました。ディズニーでもバレエでも有名なお姫様ですね。
e0187719_22562034.jpg

そして最後に上垣裕子さんが語ったのは「ラプンツェル」。こちらもディズニー映画になっているそうですが、そちらは話がかなり変わっているらしく、本当は…?上垣さんの語りに、皆さんすっかり引きつけられました。 
e0187719_22564693.jpg

出演者の皆さんと澤井家管理人の亀村さんのピースサイン!
出演の皆さんには、亀村さんの手作りお昼ご飯がふるまわれました。とってもおいしかったです!
北部の皆さん、南部の皆さん、お疲れ様でした。そしてお越しの皆さん、ありがとうございました!
e0187719_22565655.jpg

[PR]
# by katari_no_sato | 2012-05-01 23:02 | 「語りの里」山城会場